terms.jp - 利用規約の勝手翻訳サイト

Content License

株式会社ゴーガ翻訳
最終翻訳日時 2015/02/12 14:56


コンテンツライセンス

ライセンスについて、本ウェブサイトのコンテンツは2つのカテゴリーで成り立っています。

  • サンプルコードと同じく、静的ドキュメントおよびソースコードモジュールから抽出されたコンテンツを含む文書化されたコンテンツ。 および
  • その他のサイトのコンテンツ

本サイトにおける文書化されたコンテンツはAndroid Open Source Projectの一環としてユーザーに提供されています。文書は、その中で閲覧できるあらゆるコードも含め、Apache 2.0 ライセンスによってライセンスを付与されています。これはAndroid Open Source Projectにおいてのすべての面で好ましいライセンスです。

Apache 2.0は商業用かつオープンソースフレンドリーなソフトウェアライセンスです。Androidプラットフォームおよび文書の大部分はApache 2.0からライセンスを付与されています。プロジェクトでは好ましいライセンスを意識的に用いようと努力していますが、GPL v2によってライセンスを受けているソースコードモジュールから抽出された文書(コードコメント)のように、いくつかの例外があります。そのような場合、ソースコードモジュールに対応しているライセンスが、そこから抽出された文書に適用されます。

JavaScriptライブラリのように、本サイトにおけるサードパーティの構成要素がその製作者の指定したライセンス下においてAndroid Open Source Projectにも含まれています。このようなライセンスについての情報は、Android Open Source Project内のソースファイルを参照してください。

本サイトにおけるその他すべてのコンテンツは、ライセンス文書自体や特別に注意書きのあるものを除き、Creative Commons Attribution 2.5ライセンスによってライセンスを付与されています。

上記のように、ユーザーは本サイトのコンテンツを利用する際はそのコンテンツに適用される特定のライセンスに従ってください。Creative Commons Attribution 2.5にライセンスを付与されているコンテンツに関しては、ユーザーは適切に権利の帰属を示してください。

利用規約

私たちは本規約の下、Androidドキュメンテーションおよびサンプルコードのライセンスを付与できることをうれしく思います。本規約はユーザーが利用しやすいようにコンテンツを取得、変更、再利用、転用およびリミックスすることを推奨しています。下記の制限の項に記載されていることを除いて、ユーザーはユーザーの創作物において自由にこの文書化されたコンテンツを利用することができます。たとえば、ユーザーは本の文章を引用すること、カットアンドペーストしてユーザーのブログに記載すること、目の不自由な方のためにオーディオブックにして保存すること、または翻訳することもできます。

制限

  • Apache 2.0ライセンスの下、文書自体はユーザーに提供されますが、このライセンスには登録された商標やその他のブランドなどは含まれていません。
  • Googleの商標およびその他のブランド(Androidのフォントで表示されるロゴを含む)はこのライセンスには含まれていません。これらの利用についてはBrand Guidelinesのページを参照してください。
  • ライセンスの範囲にない画像などのコンテンツが含まれているページがある場合があります。このような場合、私たちはライセンスを受けていないコンテンツにラベルを貼ります。
  • 加えて、特別に注記が与えられていない場合本サイトのページにリンクされているコンテンツはライセンスには適用されません。例えば、ページにリンクされた動画やサイドデッキはライセンスの範囲にはありません。
  • SDKによって提供される、またはこの文書内で見られるサンプルソースコードを利用することは、Apache 2.0ライセンスに詳細が記載されている規約の対象となります。

権利の帰属

ユーザーが、Creative Commons Attributionライセンスの規約下において利用可能なページに登場するコンテンツを再利用またはそれを修正したものを創作する際には、適切な権利の帰属を表示する必要があります。このサイトにおいては、上記の通り、権利の帰属の表示が必要なのは文書でないコンテンツのみです。権利の帰属の表示に関する必要事項はすべてCreative Commons法的規約の4bの項目に記載されています。

実際に、ユーザーが作品を生み出しているメディアにおいて、できる限りAndroid Open Source Projectの帰属の表示を行うことを、私たちはユーザーにお願いしています。これが適用される典型的な例をいくつか示します。

正確に再現する場合

ユーザーのオンライン上の作品において、本サイトのテキストや画像を全く正確に再現する場合、全体か部分的かに関わらず、ユーザーのページの一番下に次の文章を挿入してください。

Portions of this page are reproduced from work created and shared by the Android Open Source Project and used according to terms described in the Creative Commons 2.5 Attribution License.

加えて、読者が参照してより情報を得られるようにオリジナルの出典のあるページをリンクし返してください。

変更を加えた場合

ユーザーのオンライン上の作品において、本サイトのコンテンツを基にテキストや画像を修正して表示する場合、ユーザーのページの一番下に次の文章を挿入してください。

Portions of this page are modifications based on work created and shared by the Android Open Source Project and used according to terms described in the Creative Commons 2.5 Attribution License.

繰り返しになりますが、読者が参照してより情報を得られるようにオリジナルの出典のあるページをリンクし返してください。これはコンテンツに変更が加えられている場合より重要になります。

その他のメディアの場合

ユーザーが本、音声または動画などハイパーテクストの利用できない作品を提供する場合、私たちは上記のメッセージの趣旨を満たす権利の帰属を、音声または書面で作品の中に掲載させる最大限の努力を行うようにユーザーにお願いしています。

原文
最終更新日時 不明


Content License

For the purposes of licensing, the content of this web site is divided into two categories:

  • Documentation content, including both static documentation and content extracted from source code modules, as well as sample code, and
  • All other site content

The documentation content on this site is made available to you as part of the Android Open Source Project. This documentation, including any code shown in it, is licensed under the Apache 2.0 license, the preferred license for all parts of the of the Android Open Source Project.

Apache 2.0 is a commercial and open-source-friendly software license. The majority of the Android platform and documentation is licensed under the Apache 2.0 license. While the project strives to adhere to the preferred license, there may be exceptions, such as for documentation (code comments) extracted from a source code module that is licensed under GPLv2 or other license. In those cases, the license covering the source code module will apply to the documentation extracted from it.

Third-party components of this site such as JavaScript libraries are included in the Android Open Source Project under the licenses specified by their authors. For information about these licenses, refer to the source files in the Android Open Source Project.

All other content on this site, except the license documents themselves and as otherwise noted, is licensed under the Creative Commons Attribution 2.5 license.

You may use the content of this site in any way that is consistent with the specific license that applies to the content, as described above. For content licensed under Creative Commons Attribution 2.5, we ask that you give proper attribution.

Terms of Use

We are pleased to license the Android documentation and sample code under terms that encourage you to take, modify, reuse, re-purpose, and remix the content as you see fit. Except as noted in the Restrictions section below, you are free to use the documentation content in your own creations. For example, you could quote the text in a book, cut-and-paste sections to your blog, record it as an audiobook for the visually impaired, or even translate it.

Restrictions

  • While the documentation itself is available to you under the Apache 2.0 license, note that proprietary trademarks and brand features are not included in that license.
  • Google's trademarks and other brand features (including the Android stylized typeface logo) are not included in the license. Please see Brand Guidelines for information about this usage.
  • In some cases, a page may include content, such as an image, that is not covered by the license. In that case, we will label the content that is not licensed.
  • In addition, content linked from a page on this site is not covered by the license unless specifically noted. For example, pages may link to videos or slide decks that are not covered.
  • The use of sample source code provided in the SDK or shown in this documentation is subject to the conditions detailed in the Apache 2.0 license.

Attribution

Proper attribution is required when you reuse or create modified versions of content that appears on a page made available under the terms of the Creative Commons Attribution license. On this site, the requirement for attribution applies only to the non-documentation content, as described earlier in this document. The complete requirements for attribution can be found in section 4b of the Creative Commons legal code.

In practice we ask that you provide attribution to the Android Open Source project to the best of the ability of the medium in which you are producing the work. There are several typical ways in which this might apply:

Exact Reproductions

If your online work exactly reproduces text or images from this site, in whole or in part, please include a paragraph at the bottom of your page that reads:

Portions of this page are reproduced from work created and shared by the Android Open Source Project and used according to terms described in the Creative Commons 2.5 Attribution License.

Also, please link back to the original source page so that readers can refer there for more information.

Modified Versions

If your online work shows modified text or images based on the content from this site, please include a paragraph at the bottom of your page that reads:

Portions of this page are modifications based on work created and shared by the Android Open Source Project and used according to terms described in the Creative Commons 2.5 Attribution License.

Again, please link back to the original source page so that readers can refer there for more information. This is even more important when the content has been modified.

Other Media

If you produce non-hypertext works, such as books, audio, or video, we ask that you make a best effort to include a spoken or written attribution in the spirit of the messages above.